クレジットカードと消費者金融の在籍確認審査はどう違う?

 

消費者金融の在籍確認は、
@電話が繋がったら完了

 

A電話ではキャッシングカードを作ってくれたお礼など、当たり障りのない会話
といった内容になります。

 

クレジットカードの在籍確認も同じような内容です。

 

クレジットカードの在籍確認と、消費者金融の在籍確認の内容について解説します。

 

・クレジットカードの在籍確認は消費者金融と同じ

クレジットカードの在籍確認はカード会社によって違いますが、内容は消費者金融の在籍確認と似通っています。

 

勤務先に電話をかけて来て、つながった後は当たり障りのない会話をして終了です。

 

在籍確認はつながるまでが目的ですので、会話に特に意味はありません。

 

クレジットカード会社の在籍確認でも、個人名を名乗るカード会社が多いので、この辺りも消費者金融と同じです。

 

・クレジットカード会社はあまり在籍確認の電話をかけてこない

消費者金融にくらべて、クレジットカード会社は在籍確認で電話をかけてくる割合が少ないとされています。

 

これは、在籍確認の電話を行わなくても、信用情報機関の情報などでチェックを済ませている為だと思われます。

 

ただし、申込の内容が不明確で合ったり、職業が見た目的によくわからなかったりすると、確認の為在籍確認の電話をかけてくることが多いようです。

 

クレジットカード会社の在籍確認と、消費者金融の在籍合確認は根本的には似通っています。

 

クレジットカード会社はあまり電話をかけてきませんので、かかって来なくても気にしないようにしましょう。